女子大生感が抜けない女性

先日久々に会ったアラサー女子の話。その人と会話する中で、彼女のとある考えに対して意見を聞かれたので、俺は普通に自分の考えを述べ、結果的には意見が違った構図になった。

すると彼女は感想を述べることもなく残念そうにこう言い放った。

「女の子は肯定して欲しいんだよ」

え、えええ・・・

そんな、女子大生みたいなこと、言っちゃうんですか。。30代の人にこういうことを言われるとは思っていなかったのでショックというか、ある意味斬新すぎて、その後に続く会話の内容を思い出せねぇんだ。。しかも自分を女の子って呼ぶ年齢なのか?

これがリアルJDだったら可愛いねで済むんだが、実態は30超えたオバハンが言っているんだから恐ろしい。

もはや俺の意見なんかどうでもいいですと言われたのと同義であり、「会話」と呼べるものではないのでア〜ル。俺は広告代理店マンだが、予め期待されるアウトプットが決まっているということは、俺にとってはクライアントを相手にしているような感じなのだ。

ただしクライアントと決定的に違うのは、この女は金は払わないってポイント。

そういう話なんだったら相手は俺じゃなくても良いでしょう。それこそその辺の女子大生と喋ってればいいだろうに。

まあもちろん、ファックはしたんですけどね。。

広告

ユーザーの偏り

日本のTinderユーザーの8割は上智大学(Sofia University)なんじゃないのか?って思うぐらいわんさかいるな。

Tinderから見る大学生のペルソナの傾向とか調査したら面白いんじゃないか?

会社のトイレについて

優しい性格の僕は、トイレでジェットタオルを無駄に長めに使うようにしています。

そうすることによって、個室の中で息を殺して僕が出て行くのを待っている人たちに心地の良い数秒間を提供でき、彼らのエンゲージメントを高めることができるのです。

こう言うと、「そんなことよりさっさと出て行ってあげた方が良いんじゃないの?」という人もいるかもしれません。しかし僕はそれをベスト・プラクティスだとは考えない。何故なら僕が出て行ったすぐ後に他の人が入ってくるかもしれし、そもそも僕以外の人がそこまで”個室の中の人”に思いやりを持っているとも思えない。その他にも、複数の個室が閉まっていたなら、彼らの間で牽制しあったりとか、色々想像できるでしょ。

ジェットタオルが唯一無二のアンサーなのです。

皆さん、ジェットタオルは気持ち数秒長く使いましょう。

レストランでのコンセンサス無視

最近の日本ではバルとかいってスペイン料理屋が溢れかえってるよね。

そんで最近よくあるのがコンセンサス取らずに、まるで枝豆でも注文するかのごとくアヒージョとバーニャカウダを頼む奴。

お願いだからコンセンサス取ってください。

とりいそぎ、なにそつ・・・