チ◯コが大好きな国 日本

英語話せる人にとって、コクは Cock(チ◯コ) を連想させるワードだ。

それを念頭に置いた上で近くのスーパーマーケットに行ってみてほしい。きっと気づくことだろう。

日本がどれだけ「コク」で溢れていることか!

この最初の写真見てよ、、こく(Cock)しぼりだよ。Cockを絞るのだ・・

今度宅飲みでこれも用意しておこう!
もし女の子がこれを飲みだした、確度が高い証拠なんじゃないのか??

で、次はこちら。
コク(Cock)のクリームシチュー。。。

「濃厚チーズと炒め玉ねぎの旨みがとけこんだ コクの贅沢クリームシチュー」

なんて卑猥なコンビネーションなんでしょうか。
そう思うと食欲なくなってきただろ??

食べ物も飲み物も、口に入れるモノはなんでも Cock!!
コク!喉越し!ファッキンイラマだぜ!

なんちて♪

広告

DRY-FIT

先日ジャージとかウインドブレーカーを一式買いに行ったんだよ。

でさぁ、その時に改めて思ったんだけど、ユニクロとか NIKE とかで使われいてる「DRY-FIT」って言葉、おかしいよね。

一般的に考えて、Wet じゃないと Fit しないものですからなぁ。

なんかね、こう腑に落ちないんですよ。

ユニクロとNIKEには是非 WET-FIT シリーズを作ってもらいたいです。

【エロく聞こえる】ミュゼ広告のキャッチコピー

20160519-184035-image

いや~おったまげた!

ENJOY the GIRL!!!

だってよ。。

するってぇと、あれかい?
ミュゼに入会するとこういう女の子を好き勝手にして良いんですかねぇ!?

入会するかどうかはじっくり考えてから決断することにしますか☆

なんだか日本の広告ってこういうのばっかりだよね~。
わざわざ英語のコピーライティングするわりに英語リテラシーがないっていう。。

げに残念なことかな。

Johnson&Johnsonのこの広告のキャッチコピー・・・

12108751_10156691119445191_3875453859914426264_n

このキャッチコピー、Feel Moist!ってのを見てください。

なんか、、「こんなに濡れてるんだけど触って・・////」って言われてる場面を想像しちゃうキャッチコピーだよね!

まあ男からしたらちょっとテンション上がる~↑

それにしてもこの広告、どこぞのエージェンシーが作ったのかは知らんがネイティブチェックとかしてないだろうし、そんでクライアント側担当者もそのままGOサイン出しちゃうんだね笑

悲しい話だが日本ではクライアントもエージェンシーも双方で英語リテラシーが低い場合こういうことは頻繁に起きる模様w

しかもグローバルクライアントでこういうことが起こること自体正直とても不思議で仕方がない。

このフォトショ感満載な広告

このフォトショ感が出過ぎてる広告は一体どういう狙いで作られたのだろうか。

腕時計の前にその不自然さに目が行ってしまう。
コピーが一切ないけど、目的はなによ?

まあどっかのセレクトショップかどこかなんでしょうからそんな感じでも良いのかな。